LAUT DESIGN -ラウトデザイン- は、エクステリア&ガーデンの設計施工店です。神奈川県相模原市より素敵なお庭をご提案させていただきます。

TOP↑
ホーム » ブログ
八王子市 N様邸の工事が始まりました。まずは、敷地境界のコンクリートブロック積み作業になります。間知ブロック上に、コンクリートブロックをウマ積みに積んでいきます。アクセントが生まれ、目を惹くデザインに仕上がります。
 


こちらの隣地側境界のコンクリートブロックは普通に積み、正面の見える部分は、ウマ積みにしています。カッコいいですね!
 


投稿者:staff
保土ヶ谷区S様邸のウッドデッキが完成しました!アイアンウッドと言われる、非常に耐久性がある「ウリン」という木材で造っています。この木材は、年月が経つにつれ、グレーがかった色になり、味のあるシャビーシックな風合いになります。
 


ウッドフェンスにより、外からの視線を遮ることが出来ます。広いウッドデッキスペースで、様々事が出来ますね。想像が膨らみます!開いているスペースには、植栽が植えられます。造作ウッドフェンスは、形に自由がききますので、ぴったりのサイズに仕上げられ、お好みの形にすることが出来ます。

投稿者:staff
港北区K様邸の外構リフォーム工事が始まりました。オープンスタイルの外構デザインでしたが、今回、フェンスと門扉の設置、植栽をを行います。
 


↑こちらがリフォーム前になります
 


こちらのフェンスは、既存化粧コンクリート塀上に、LIXILのライシスフェンス3型横桟 シャイングレーのH1000。片開門扉は、LIXILのプレスタ4型08-10シャイングレーになります。同じメーカーの同じカラーを使用すると調和がとれます。 
 


20190301_1336_40_0210w377_h665
右側の塀を増し積みし、ジョリパット塗り仕上げに。隣地からの視線を遮ることが出来ます。スリット建てもリクシルのシャイングレーで統一し、スタイリッシュな仕上がりになっています。
リフォーム後は見た目も変わり、さらに素敵なデザインになりますし、フェンスと門扉をつける事によって防犯の面でも良くなります。完成が楽しみです。


投稿者:staff
20190301_1203_40_0129w1000_h750
保土ヶ谷区S様邸の工事も終盤に入ってきました!リビング前に、広々したウリン製のウッドデッキ&フェンスを設置します。デッキがあると、リビングからフラットに外に出ることができ、効率よくスペースを使うことが出来ます。屋内からも部屋が広くみえる効果があります。

投稿者:staff
保土ヶ谷区S様邸の外構工事が形になってきました!今回は、ジョリパット塗り仕上げになります。右側の既存擁壁もジョリパット塗りで、新規に作られた壁の様に変身しました。
 


コンクリートに色がつきますと、印象がとても変わり、華やかなイメージになります!
 


玄関に続く階段です。踏面に石を貼り、蹴上をジョリパット塗り仕上げにしますと、このように目を惹く素敵なデザインになります。

投稿者:staff
保土ヶ谷区S様邸の工事が着々と進んでおります!お天気にも恵まれ、カースペースの土間コンクリート敷きも無事終わりました。今回は、アプローチ部分の乱形石貼りの作業です。形がバラバラの乱形石をバランス良く並べて行きます。まさに、職人技ですね。こちらの乱形石の商品は、方形石と同じで、メイクのデュオストーン ニューヴァンテ乱形です。

投稿者:staff
保土ヶ谷区S様邸のカースペースにコンクリートが敷かれました。一気に形になってきましたね!
 


こちらのアプローチ部分は、アクセントになる石貼り仕上げになります。方形石の商品は、メイクのデュオストーンニューバンテ300角。門柱に用いている石は、三楽のペンシルバニア・べニアです。どちらも、味わいのある自然石になります。ヤシと相まって、リゾート感溢れるデザインです。

投稿者:staff
保土ヶ谷区S様邸のカースペース、玄関前アプローチの施工が着々と進んでいます。こちらはカースペース部分で、土間コンクリート仕上げになります。ひび割れ防止に伸縮目地を入れるのですが、ただ直線に入れるのではなく、この様にデザイン性を持たせることで、かっこいいコンクリート敷きに仕上がります。
 


玄関前アプローチには、ドラセナ(右)と、ココスヤシ(左)が植えられています。(全体像が写っていなくてスミマセン。。) オープンな外構デザインなので開放感があり、植栽も映えます。存在感があり、目を惹きますね。

投稿者:staff
20190206_1225_01_0930w1000_h563
保土ヶ谷区S様邸の工事が始まりました!S様邸のプランは、リビング前にウリン製のウッドデッキとウッドフェンスを設置します。リビングを広く活用でき、プライバシー保護にもなります。アプローチ部分は、天然石材を多く取り入れ、高級感もあるかっこいいデザインです。こちらの写真は、変則ウマ積みブロック塀の施工写真です。目を惹くデザインですね!
 


こちらは、玄関前アプローチ部分です。右側は既存の塀を活用しています。門柱は、ジョリパット塗り仕上げと天然石貼りのデザインです。写真は、土間コンクリート敷きの下地作業の様子になります。今後の仕上がりが楽しみです!

投稿者:staff
先日、みなとみらいエリアにあるMARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)に行ってきました!Pie Holicというレストランのパイ食べ放題を目指して行ったのですが(笑)、、ラウトデザインスタッフである私は、MARINE & WALK YOKOHAMAのランドスケープに目を奪われました!!

 
一歩踏み入れるとそこはカリフォルニアのモールの様でした。海沿いにあるこの施設には、沢山のヤシやアガベ、海に映えるかっこいい植物達がセンス良く植えられています。日本の庭ではあまり目にすることのない植物達が沢山みることが出来ます。柱サボテンや多肉などを扱っているショップもあり、興味が湧くこと間違いなしです!自宅にかっこいい植物を取り入れたくなりますよ♪


 
西海岸をイメージしたエクステリアデザインと植栽のご提案は、弊社の得意分野です。ご質問、ご相談等ございましたら、お気軽にご連絡下さい。


投稿者:staff
上の写真が山茶花、下の写真が椿です。皆様、見分けはつきますか?
 



通勤途中、良く目にする山茶花ですが、「椿と見分けがつかない」という声を耳にしたので、まとめてみました!


【花が咲いているときが見分けやすい!】椿の花は散る時に、花首から落ちる。山茶花の花は散る時は、花びらが落ちる。椿は、「首が落ちるので縁起が悪い」と言われていたりしますね。

【花の形】椿は、花がやや筒状で立体的で厚みがある。山茶花は、花がツバキから比べて平面的で薄いです。

【花が無い時は、葉で見分ける】椿の葉は、中心の葉脈がクリア。葉のギザギザが浅い。葉の裏にほとんど毛が無い。山茶花の葉は、中心の葉脈が黒っぽい。葉のギザギザがはっきりしている。葉の裏の葉脈に沿って毛が生えている。
 
これらの違いをチェックして、ズバッっと!見分けてみてください(^^)


投稿者:staff
2019/01/07

新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。本年も、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
 


昨年に新店舗に移転し、打ち合わせスペースを新設致しました。数多くのサンプルやカタログをご覧頂ながら打ち合わせが出来る様になりましたので是非ご利用ください。また、ヤシの自社農園「市ヶ尾ヤード」も充実を図り、様々な種類や樹形のヤシを揃えております。実用サイズのアメリカンガレージもありますので、ご覧いただけます。実際目で見て頂けるとイメージもしやすいと思いますので、お気軽にお問い合わせください(^^) 今年も昨年に引き続き、お客様のご要望にお応えできるよう、チャレンジを続けていきたいと思っています!宜しくお願い致します。
 


投稿者:staff
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 13 | 14 | 15 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » ブログ