LAUT DESIGN -ラウトデザイン- は、エクステリア&ガーデンの設計施工店です。神奈川県相模原市より素敵なお庭をご提案させていただきます。

TOP↑
ホーム » ブログ » BLOG −ラウトデザインのブログ− » 甘い香りがしてくる季節、金木犀(キンモクセイ)について

甘い香りがしてくる季節、金木犀(キンモクセイ)について

近頃、通勤中に甘い香りが漂ってきます。ふと見ると、可愛いオレンジ色の小さい花がぎっしり咲いています。金木犀(キンモクセイ)の季節到来です。自然のアロマに癒されました☆ せっかくなので、金木犀について調べてみました。

キンモクセイは、モクセイ科・モクセイ属の常緑性の小高木樹で、中国南部が原産です。江戸時代に日本に伝わってきました。もともとはギンモクセイの変種です。本来は雌雄異株ですが、輸入された際に雄株しか入ってこなかったことから、日本にあるキンモクセイには実(種)がつきません。大きい樹木で10mほどまで育ちます。原産地の中国では、丹桂(たんけい)や桂花(けいか)という別名で知られており、観賞用以外にお茶やお酒(白ワイン)、お菓子、漢方薬など花びらを食用や薬用に扱える植物としても親しまれています。
 
キンモクセイの開花時期は、9月中旬〜10月下旬です。キンモクセイの花の開花期間は短く、1週間ほどです。庭先で育てることが多いで樹木ですが、鉢植えにも適しています。移動できる鉢植えで部屋の中で香りを満喫できる楽しみがありますね。
 
キンモクセイの花言葉は、『謙虚・謙遜』『気高い人』『真実』『陶酔』『初恋』と、沢山あります。特徴の多い花だからでしょうか。

お庭に植えられる樹木も沢山の種類があり、それぞれ特徴があります。植栽をお考えのお客様がおりましたら、弊社にお気軽にお問合せ下さい♪多種多様な植木の調達や、お客様のご希望とお庭に適した樹木のご提案をさせて頂きます(^^)




ホーム » ブログ » BLOG −ラウトデザインのブログ− » 甘い香りがしてくる季節、金木犀(キンモクセイ)について